世界のびっくりニュース

アメリカの「奇妙な法律」を直感的写真で再現した「I Fought the law」


移民が多いせいか、ものすごくどうでもいいことがものすごく細かく法律で決められている国アメリカ。中には恐ろしく奇妙な法律もあったりするのですが、それを直感的な写真で表現したのが写真シリーズ「I Fought the law」です。どういった経緯や必要性があって制定されてしまったのかはよくわかりませんが法律は法律。アメリカに行った時には気をつけてください。

1. アラバマ州では、いついかなる時もバックポケットにアイスクリームのコーンを入れてはならない。

2. ハワイ州では、人の耳にコインを入れることは許されていない。

3. アリゾナ州では、一軒につき2つ以上のディルド(大人のおもちゃの一種)を所有してはならない。

4. コネチカット州では、ピクルスはバウンドしないと公式にピクルスとみなされない。

5. デラウェア州では、ウエストがピッタリのズボンを履くのは違法である。

6. テキサス州では、子どもが普通ではない髪型をする事は違法である。

7. ウィスコンシン州では、レストランでチーズ無しのアップルパイを提供することは違法である。

8. カリフォルニア州では、スイミングプールの中で自転車に乗ることは許されていない。

あなたは絶対入れない、世界の「一般人立入禁止区域」はある程度理由は理解できるのですが……。

これらの写真はアメリカの写真家 olivia locher 氏の作品です。
ソース:Olivia Locher

関連記事

世界各国の法律で禁止されているフルーツやその他の食べ物いろいろ - DNA

フランス・パリで約200年間続く「女性のパンツルック禁止」条例、近く改正へ - DNA

ロシア、ついにビールは「ジュースではなくお酒」と認める - DNA

生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 - DNA

複雑怪奇な国境線がすごいオランダとベルギーの超国際都市「バールレ=ナッサウ」と「バールレ=ヘルトフ」 - DNA

実際に銃やナイフに触ってもいない「武器に関する校則違反」が相次ぐ - DNA

銃火器紹介動画の「FPSRussia」、爆発物の違法所持容疑で当局に家宅捜索を受ける - DNA

今、恐るべきTシャツが中国のドライバーに大注目されている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧