科学と技術

アメリカ海兵隊、60mm迫撃砲の新型光学照準器をテスト中


45度以上の仰角で敵の頭の上から弾を落とすように撃つ迫撃砲は非常に初期から使われている兵器。シリアではApple社のiPadを使って照準をつけているところが目撃されましたが、米軍でも「弾道コンピュータ」入りの新型照準器のテストを進めているようです。


こちらが現在Office of Naval Researchでテストが進んでいる60㎜迫撃砲用新型照準器FCU(FIre Control Unit)。EOtechブランドで知られるL3 Insight Technology社が開発を受託したもの

覗きこむと何が表示されるのかは不明ですが、いわゆるホロサイトにレーザー照準器を組み合わせたもので「夜間でも2発目には命中弾を得られる」とのこと。また弾頭のデータライブラリを内蔵し、弾頭ごとに違った照準補正が行われるようになっているそうです。

今回は持ち運び用のスリング(負い紐)も一新。こちらはTAG社が開発を請け負いました。手持ち時に熱くならないよう断熱材が入っているほか、持ち運び時の静粛性が高まっているそうです。

現在、テストの第1段階が終わり追加で6台がアフガニスタンでテストを受けているということ。

先日からコンピューターによって照準を補正する「デジタルスコープ」の話題が尽きませんが、軍にも少しずつこうした波が押し寄せているようです。

ソース:News: A Sight for Sore Eyes: New Accuracy for 60mm Mortars – Office of Naval Research

Marines in Afghanistan getting mortar improvements – News – Stripes

関連記事

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

12歳の普通の少女がTrackingPointライフルで約900m先の狙撃に成功 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

銃火器の老舗メーカー・レミントン社も「Remington2020」でデジタルガンスコープ市場に参入 - DNA

万能アイテム「iPad」を使って迫撃砲の照準を合わせている自由シリア軍の画像と動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧