世界のびっくりニュース

「国際離婚」の相手から子どもを奪還する「民間特殊部隊」が摘発


国際結婚が破たんした場合、一方が勝手に子どもを連れて帰国すると「誘拐」になる……というのが「ハーグ条約」での取り決め。しかし批准されていない国に連れて行かれた場合は普通の手段で取り戻すことができません。そんな子どもたちの親から依頼を受け奪還、つまり再誘拐する「民間特殊部隊」が摘発されました。


イタリア警察が摘発されたのはノルウェーに本社を構える警備会社ABP社から依頼を受けた組織。AFP社は営業メニューに「親に誘拐された子の奪還」を掲げており、元軍の特殊部隊員を中心とした組織が実行していました。

Child Recovery | ABP World Group Ltd.ABP World Group Ltd.

組織は高速ゴムボートやロシア製銃火器で武装し、シチリア島を拠点に「出動」。最初の作戦は2012年10月にアフリカ・チュニジアにて行われました。しかし2012年11月に組織の存在が警察に露呈、3人のイタリア人、そして88年ソウルオリンピックにおけるのセーリングの銅メダリスト、ラリサ・モスカレンコが逮捕されました。

組織は他にもキプロス、レバノン、エジプト、ウクライナからの奪還が計画しており、他にもノルウェー人2人、スウェーデン人1人に逮捕状が出されているということです。

ソース:AFP: Italian police bust ex-special forces child smuggling ring

トップ画像:PMC | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

日本のファンムービーの新境地、特殊部隊が人質を奪還する動画「RELOAD 強襲奪還作戦」 - DNA

タレントが元特殊部隊とガチ演習する番組「Stars Earn Stripes」アメリカで近日放送開始 - DNA

英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう - DNA

不可能に近いミッションに果敢にチャレンジしているニャンコ特殊部隊たちの動画 - DNA

第2弾決定、リアル過ぎる戦争映画「Act of Valor(邦題:ネイビーシールズ)」新作はSWAT部隊が主人公 - DNA

世界中で暗躍するアメリカの「暗殺部隊」の影を追いかけるドキュメンタリー映画「Dirty Wars」予告編 - DNA

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧