科学と技術

端のギアをコンクリートに固定してあるのに他のギアはまわり続ける不思議なマシンの動画


他のギアはちゃんと回転しているのに、そこから噛合っていった端にあるギアは回転していないように見えるという非常に不思議な機械の動画。何か仕掛けがあるのかな?と思わず探してしまいます。


経由している歯車で順次減速させているので、最後のコンクリートに固定してある歯車は計算上約2兆年に1回しか回りません。それくらいゆっくりなので展示している間くらいは固定してあっても特に問題はないということです。
Machine with Concrete – Arthur Ganson – YouTube

それにしても動くはずのものが動かないというのは、とても不思議な眺めですね。

関連記事

諸行無常を感じる、ゆっくりと自分自身を破壊していく機械シリーズ「Suicide Machine」 - DNA

書類の山に次々とサインをしていく事務補助マシーン「Autopen」 - DNA

これはアウト、ボタン一発であるモノを自動で描くためにだけに作られた凄いロボット - DNA

「街路樹の植え替え」をする巨大な重機「Red Boss Tree Spade」がかっこいい動画 - DNA

とある鉄工所で発生した超危険だけどファンタスティックな事故の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧