世界のびっくりニュース

ニコンのクラシック調フルフレームカメラ「Nikon Df」を発表


先日から謎のティーザー広告でチラチラとほのめかされていたニコンのクラシック調・フルサイズセンサーの一眼カメラ「Df」がいよいよお披露目、2013年11月28日から発売となります。


1. 「Df」は、クラシカルな外見やダイヤル操作系と、高画質なニコンFXフォーマットを最小・最軽量ボディーで実現したモデル。ボディカラーはシルバーとブラックが用意されます。

2. 上面の「軍艦」部にISO感度、露出補正、シャッタースピード調整のダイヤルを配置。貼り革がクラシカルです。

3. マーキングは印刷ではなく彫りこみ・塗装なので操作によって剥げることもありません。各種オート撮影時は従来の前後ダイヤルでの調整もできるようです。

4. 背面液晶は3.2型の約92万画素。

5. 寸法143.5×110×66.5mm、バッテリー込み約765gというコンパクトなマグネシウム製ボディに防滴・防塵性能を付加し、携行性の高いカメラとなりました。

6. 古いニコン製レンズが使用できるというのも特徴のひとつ。

持ち歩きにおいてはタフさはもちろんのことながら、他の持ち物とテイストが合うのかを重視する人はたくさんいます。コンパクトデジタルカメラではクラシック調のデザインが人気ですが「Df」は本格的なデジタル一眼レフとしては初めての試み。どう受け入れられるかが楽しみです。

価格はニコンダイレクトにてボディのみ278,000 円(税込)・Dfとデザインを合わせた50mm f/1.8Gレンズ付き「Special Edition キット」299,800円(税込)となっています。

詳しいスペックはソースから。

ソース:Nikon | ニュース | 報道資料:手応えのある直感的なダイヤル操作と、「D4」と同等の画質をニコンFXフォーマット最小・最軽量ボディーの中で融合したニコンデジタル一眼レフカメラ「Df」を発売

Df | ニコンイメージング

関連記事

ニコン製カメラレンズ「ニッコール」の硝材から完成に至るまでの製造工程がよくわかる公式動画 - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

1984年から2012年まで「カメラグランプリ」を受賞した29台のカメラ一覧 - DNA

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧