世界のびっくりニュース

Steamの最新型ゲームパッド「Steam Controller」がかなりすごいらしい


PC向けゲーミングデバイスといえば、シミュレータ用の大がかりなもの、シビアなゲーミング用の精密なマウスやキーボード、あるいは安価なUSBゲームパッドといったところですが、近日Valveから発売になる「Steam Controller」がかなりデキるやつ、だそうです。


Valve社はオンラインのゲーム販売プラットフォーム「Steam」を展開、PC向けのゲーム販売を行いつつ、最近ではインディーズゲーム制作者支援なども行い、総合的なゲームコンテンツディストリビューターとしての地位を占めつつあります。

先日は「Steam」上のゲームをプレイするのに特化したLinuxベースのOS「Steam OS」を発表、これを超小型ゲーム用PC「Steam Machine」に搭載し、リビングルームでもPC向けゲームがプレイできる環境を提供しようとしています。

「Steam Machine」ではないか?と噂されるXi3社のPISTON。
The PISTON Console – Xi3′s Gaming System – YouTube

しかしPC用ゲームはキーボードとマウスで遊ぶのに特化しており、家庭用のゲームパッドでは不十分です。Steamをリビングルームに展開するには、ゲームパッド並の手軽さでキーボード並の細かい操作ができ、トップクラスの反応速度をもつコントローラーが必要になります。

そういうわけで作られたのがSteam Controllerになります。ジョイスティックではなく振動フィードバックつき円形タッチパッドを採用し、上面に2つ配置。この間にタッチ可能な高解像度のスクリーン画面を置いて、設定の確認やマクロの呼び出しができます。さらに裏面と合わせて16個のボタンを配置しています。

Valveは「Steam」で販売される新旧すべてのゲームについて「Steam Controller」のキーマッピングを制作・公開する予定で、わずらわしい設定をすることなくSteam Controllerをつなげば即Steamのゲームで遊べるようになります。もちろんキーマッピングの自作と記録も可能です。

ゲームパッドとしての利用感はかなりよいもののよう。ブログ「本の虫」では「Super Meat Boy」の作者Tommy RefenesによるSteamコントローラーの体験記が翻訳されており、かなり違和感なくゲームで遊べると述べられています。

Steam Controllerによる色々なジャンルのゲームのテスト。ほとんど違和感なくFPSやRTSといった「PC優勢」なゲームで遊ぶことができるようです。
Steam Controller Demonstration – YouTube

その昔は、ゲーム機にPCのFPSゲームが移植されるたびに「パッドでFPS(笑)」と言っていたものですが、最近はPCでもパッドを使って遊ぶ人も多いそう。ゲーム機とのマルチタイトル化によって最初からパッド操作が前提になっているものもあります。Steam Controllerによって「キーボードは仕事用でしょ?」という時代が来てしまうのかもしれませんね。

ソース:Steam Controller

関連記事

超リアルなドライブ・ゲームを体験できるコックピット・シミュレータの動画 - DNA

最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 - DNA

ボタンとメーターとディスプレイが山盛りな飛行機のコックピットの画像22枚 - DNA

「Diablo3」で遊ぶときのマウスの動きを可視化するとこうなる - DNA

PCゲームの歴史を約2分半でまとめた動画「The evolution of PC games」 - DNA

「外で遊んで来いって言われたから標高2425mの山でDiabloIIIをやってみた」画像が話題に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧