ゲーム

HTML5で再現、フルHDディスプレイだと超横長で楽しめるブラウザ版「スーパーマリオブラザーズ」


初代ファミコンの解像度は横256ドット×縦240ライン。フルHDディスプレイに並べると、約7画面分のパノラマになりますが、ブラウザで動作する「Full Screen Mario」ならこの壮大な眺めで「マリオ」が遊べます。


HTML5で書かれており、ブラウザの横幅に合わせて画面が表示されます。見通しがいいと何となく嬉しいですね。アクセスは下の画像をクリック。そのままスタートします。
Full Screen Mario

飽きたら左下の「LEVEL EDITOR」でオリジナル面のエディットも可能。これだけ横長なら「エキサイトバイク」も楽しそうですね。

関連記事

マリオの洪水、約1000人でタイムアタックした「スーパーマリオブラザース」をすべて重ねあわせるとこうなる - DNA

「マリオ×Portal」をマッシュアップしたインディーズゲーム「mariO」 - DNA

結構違う「スーパーマリオブラザーズ3」の日本語版と英語版を比較した動画 - DNA

なぜかマリオの「ジャンプ音」で一緒にジャンプしてしまうネコの動画 - DNA

「スーパーマリオブラザーズ」を海外ゲーム風にリメイクするとこんな感じ?になる動画「Super Mario Bros. – Gulf of Mexico -」 - DNA

戦いの果てにあらゆるものが敵に見える狂戦士となってしまったマリオの動画 - DNA

「女の子のキャラでドンキーコングがやりたいの」という娘の願いをギークな技術で叶えたパパが話題に - DNA

「女の子のキャラでドンキーコングがやりたいの」という娘の願いをギークな技術で叶えたパパが話題に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧