アートとデザイン

ジョナサン・アイブがデザインした世界でたった一つのライカ製カメラ「The Leica M for (RED)」


アップル社のジョナサン・アイブとプロダクトデザイナーのマーク・ニューソンがデザインした「The Leica M for (RED)」をライカ社が発表しました。レーザー加工アルミニウムボディーアルマイト処理された外装が特徴の外観を持ち、1000にも及ぶ試作パーツなどの製作を含む85日間を擁して生み出されたものです。

フルサイズのCMOSセンサーを搭載し、レンズは「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH」を採用しています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

ちなみにこちらは元のモデルとなった「ライカ M」シリーズです。

12.

そしてレンズ「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH」はこれです。
13.

この「ライカ M」をベースにしたこのカメラ「The Leica M for (RED)」は、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」への寄付目的として2013年11月23日に開かれるサザビーズのオークション出品されれる予定です。

ソース:The Leica M for (RED) – a set on Flickr

関連記事

アップル製品と約50年前のブラウン社の家電製品がどれくらい似ているか比べてみた - DNA

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

iPhoneをハッセルブラッドのデジタルバックにするガジェット「Hasselnuts」 - DNA

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

1984年から2012年まで「カメラグランプリ」を受賞した29台のカメラ一覧 - DNA

驚異の進化、歴代の「iPhoneカメラ」全6機種の画質を徹底比較 - DNA

フィルムカメラをデジタルカメラに変身させられるフィルム型CMOSセンサ「DigiPod」 - DNA

世界初、太陽電池と手回し発電機を備えたカメラ「Sun and Cloud」 - DNA

技術の粋を集めた一眼レフ「Nikon D4」のマグネシウム合金むき出しのフレーム - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧