科学と技術

牛の体格とハチのエンジン音で駆け込んでくる恐るべき新型四足歩行ロボ「WildCat」


悪魔的デザインの軍事用歩行ロボットを作らせたら右に出るもののないアメリカのBoston Dynamicsとアメリカ国防総省DARPAがまた新作を発表、仔牛の体格で不気味な羽音をさせて突っ込んでくる四本足ロボ「WildCat」はかなり悪魔兵器です。


「WildCat」は先日紹介した機械化チーターロボ「Cheetah」から発展したモデル。前作はヒモつきでしたが今回はワイヤレス化が行われ、走行安定性が飛躍的に向上しています。

DARPAがBoston Dynamics社と推進している「Maximum Mobility and Manipulation(M3)」計画は歩行ロボットが運搬できる貨物量を飛躍的向上させるとともに、これらロボットの設計・製造プロセスの効率化を進行するもの。今回の「Wildcat」もこのM3計画から生まれたもので、歩行システムなどが他の運搬ロボットに応用されるものとおもわれます。

4本足ロボ「WildCat」。2ストロークガソリンエンジンなので、音は芝刈り機です。ヨタっと立ち上がる姿が実に生き物くさくてイヤな感じです。

おそらくBoston Dynamics社の「キモい4本足」ことBigDogやLS3などの技術がフィードバックされているようで、カーブの時の体の傾斜なども実にスムーズに行えています。

以前ご紹介したとおり、現代的な兵士は銃や弾、食糧に加えて対戦車・対空兵器などの大型兵器を持ち運ぶため、その荷物の重量は大変なものとなってしまいます。今回のWildCatはこの問題を解決する「荷物運びロボ」と解説されていますが、このスピードだと他にもいろいろなことができてしまいそうですね。
Introducing WildCat – YouTube

関連記事

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

Androidタブレットで支援攻撃を呼び寄せるDARPAの次世代支援攻撃システム - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

アメリカ国防総省研究所DARPA、災害復旧工事用ロボットを公募で開発する「DARPA Robotics Challenge」を開催 - DNA

Boston Dynamics社の軍事用マネキン「Petman」が真の姿をあらわす - DNA

あの四本足ロボット「LS3」、「人の後ろをついて歩く能力」を獲得 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧