科学と技術

EOTechのホロサイトにサーマル映像を表示できるシステム「LZAD」


先日イギリスで行われた軍需産業の見本市「DSEi」でEOTech社のホロサイトの視覚を拡張するサーマルイメージングデバイスの試作品が展示されていました。

1. アメリカのLiteye Systems社が展示していた製品。フォアグリップ前にサーマルカメラが装着され、ホロサイトに小型ディスプレイデバイスを接続して照準に用います。

2. 状況によって取り外すような使い方ではなく、装着しっぱなしでの使用を前提にしています。サーマルカメラからの映像の他、弾道補正などバリスティックコンピュータとしての機能も付加されるということです。

あくまでも試作品、ということですが既存の光学照準器をアップグレードするパーツというのはちょっと面白いアイディアですね。

3. Liteye Systemsは、サーマルカメラや高耐久性のHMDなどを開発している企業。このように視覚を拡張するソリューションを提供しています。

Liteye Systems

ソース:DSEi: Liteye Systems LZAD Thermal Overlay Display For EOTech – The Firearm Blog

関連記事

マグニファイア用の2軸ヒンジのスコープカバー「Butler Creek Tactical Sidewinder Flip Cover」 - DNA

超精密なのにタフなリューポルド社のスコープを削岩機でいじめぬいている動画 - DNA

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

心は常に戦場な人にぴったりのマグカップ「OPMOD Battle Mug」 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧