世界のびっくりニュース

「CyanogenMod」を公式プリインストールしたAndroidスマートフォン「Oppo N1」中国で発表


Android端末にはAndroid OSが入っているのが当たり前ですが、実はある一定の方法を使えばこれをカスタマイズし性能を向上させるAndroid OS、いわゆるModROMに書き換えることができます。中でも定評のあるModROMは「Cyanogen(サイアノジェン)」ですが、これをプリインストールしたスマートフォン「OPPO N1」が登場しようとしています。


Oppoは中国のメーカーで、スマートフォンやBlu-rayプレーヤーを設計・製造している企業。量販店を通じて販売をしており「廉価な中では高級」というランク付けになるようです。

また、CyanogenMODがプリインストールされて販売される初めての端末にもなります。Cyanogenは先日企業化しており、700万ドルを調達しています。

元々、CyanogenModは無料で提供されているカスタムAndroidROMですが、それは今後も続けられます。どのようにして収益を得るのか色々な予測がありましたが、今回のようにカスタムROMを企業に提供するのが収益の柱になってくるものと考えられます。

中国製端末の多くは低~中性能で安価ですが、OSの最適化が甘いのが問題。こうした端末のファームウェア・チューニングは確かに大きな市場が存在しています。

ただしCyanogenがカスタマイズしたAndorid上で「マップ」「ナビ」「Playストア」などGoogleが提供するアプリが使えるようになるのかは今のところ不透明です。これらのアプリはAndroidの一部ではないため、インストールにはGoogleとのライセンシングが必要です。Androidの利便性の要でもあるところなので、Googleがどのような対応をするかが注目となります。

Oppo N1 featuresは5.9IPS液晶のスマートフォン。Qualcomm社製1.7 GHzのSnapdragon 600クアッドコアCPUを搭載したハイミドルクラスの携帯電話となります。

タッチパネルの他に背面タッチでの操作が可能。片手で持った指での操作も簡単に行えます。

206度回転式のカメラ部はかなりこだわった作りとのこと。f/2.0のかなり明るいレンズを付けた1300万画素CMOSカメラとなっています。回転部は10万回の回転に耐えるとのこと。

防水のように見えますがその点の明記はありませんでした。

こちらは付属の「O-Click Control」と呼ばれるキーホルダー。本体とBluetoothで通信しており、カメラのリモコンとして使ったり、アラームを鳴らしたりすることが可能です。

Engadgetによるハンズオン動画はこちら。カメラ機能がかなり気に入ったようです。仕上げはややマットで指紋が残りにくくなっているとのこと。この端末は北京での見本市で展示されたもので「Color OS」というOppoの独自OSがインストールされています。すでにOppoのスマートフォンサイトでは同社のFind 5向けのCyanogenMODのダウンロードページにリンクが張られており、ユーザーが自分でインストールできるようになっていますが、Oppo N1ではプリインストールされて提供されると思われます。
▶ Oppo N1 hands-on | Engadget – YouTube

スペックは以下:

■本体
サイズ:170.7×82.6x9mm
重量:213g
OS:Android 4.2
CPU:1.7 GHz Qualcomm Snapdragon 600クアッドコア
GPU:Adreno 320
RAM:2 GB
記録容量:16 / 32 GB

センサー類:Distance sensor、Light sensor、G-sensor、4D Gyroscope
電池容量:3610 mAh

■ディスプレイ
5.9インチIPS液晶 1920x1080pix 377 PPI 1600万色
マルチタッチ・静電容量式・ゴリラガラス

背面タッチ:上下左右スライド、タップ、ダブルタップ、長押しを認識

■カメラ
1300万画素 1/3サイズ CMOS
フラッシュLED
レンズ:f/2.0、焦点距離不明
206度回転

■ネットワーク
GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/1700/1900/2100MHz

■その他機能
USB OTG
Bluetooth 4.0
5G Wi-Fi 802.11 ac
GPS
NFC

パソコンの世界では機械とOSがバラ売りされるのはもはや珍しくもなんともありません。携帯電話も規格化が進めば、この動きが加速するのでしょうか。

ソース:OPPO N1

OPPO partners with Cyanogen Inc. | CyanogenMod

Fork in the road: Cyanogen raises $7 million to build a better version of Android | The Verge

関連記事

1956年から始まるエポックメイキングな携帯電話の進化の歴史まとめ - DNA

究極のところまで機能を絞ったシンプルすぎる携帯電話「John’s Phone」 - DNA

ノキア、アップルなど携帯電話の複雑怪奇な特許訴訟合戦をまとめた図 - DNA

Andoroid初、タッチパネル「非」搭載の携帯電話「Motorola i886」 - DNA

「月1000円でつなぎ放題のSIMカード」で便利になる5つのこと - DNA

「電話しながら注文する人お断り」なコーヒー屋さんの対応が話題に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧