世界のびっくりニュース

[字幕動画]ゲームにおける「2丁拳銃」の発生と進化の歴史を解説してくれる動画


アクション映画のクライマックス、主人公が怒りの2丁拳銃で並み居る敵をバッタバッタとなぎ倒していくシーンはカタルシス溢れるものですが、この様式美はいったいいつごろ、どのようにして発生したものなのでしょうか。20世紀後半の映画史・ゲーム史からひもとく動画です。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
それにしてもジョン・ウーの影響の2丁拳銃業界における影響にはものすごいものがありますね。たった一人の偉大なクリエイターが世界を変えてしまう、ということは現実にあるのです。

関連記事

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

2丁の拳銃を1丁のカービン銃に合成、死角を完全に消し去るキット「NEDG」 - DNA

「銃をドッキングさせれば火力も2倍」という理想を具現化した45口径のピストル「AF2011-A1」の動画 - DNA

あの2連装ガヴァメント拳銃「AF2011-A1」が大活躍する映画「My Name is Paul(我が名はパウロ)」 - DNA

イスラエル企業、水平二連銃身のアサルトライフル「Gilboa Snake」を開発 - DNA

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧