科学と技術

砂・水・50口径でiPhone 5Sをトーチャーテストするスローモーション動画


テストというのは成功を目指すテストと失敗するまで繰り返すテストの2種類があります。トーチャー(拷問)テストはその名の通り後者。iPhone5Sはどこまで耐えることができるのでしょうか。


まずは砂とコンクリートそれぞれへの落下テスト。動作は問題ありませんがガラスにヒビが入ってしまいました。テストは失敗。

落水テストはなんと成功。一瞬で引き上げれば動作はするようです。

そしていよいよ50口径のライフルによる貫通テスト。

1発目で貫通。

そして向きを変えて今度は縦方向でのテスト

さすがにバラバラになりますね。

動画はこちらから。ライフルは極端にしても、その他のトラブルについては何らかのプロテクションがあればかなり限界を引き上げられそうな感じです。
iPhone 5s vs 50 cal – RatedRR Slow-Mo Torture Test – YouTube

関連記事

マグプル社のiPhone5ケース「Magpul Field Case」がさらに新色展開 - DNA

マグプル社、待望のiPhone5用ケース「Magpul Field Case iPhone 5」をSHOTショーに合わせて発表 - DNA

[速報]iPhone5Sも50口径対物ライフルに対する脆弱性は克服できなかったことが判明 - DNA

ネコの肉球でもiPhone 5Sの指紋認証「Touch ID」に使えることが分かる映像 - DNA

iPhone 5とGalaxy S3、「Will It Blend」テストをパスできたのはどっち? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧