ゲーム

CQBの華、突入と掃討だけを思う存分に楽しめるストラテジーゲーム「Breach & Clear」


最近の戦争では、テロリストの小部隊を都市から掃討する市街地戦闘への対応、いわゆるCQB(近接戦闘)が重視されています。そのハイライトであるドアエントリーとルームクリアリングの立案と実施だけを思いっきり楽しめるのがこちらのゲーム「Breach & Clear」です。


「Breach & Clear」はターンベースのストラテジーゲーム。何かタイミングや反射神経がものをいうシーンはなく、じっくりと突入戦略を練ることができます。

プレイヤーは突入プランを練って4人一組のチームに指令を出します。

突入後のおおまかな進路を決めるフェイズ。

全部決めたら突入を開始。これを部屋ごとに繰り返します。突入は斜めトップビューの他に、兵士たちの視点からも見られます。

部屋の中の様子は突入するまで分からないので、いろいろな状況を想定して突入プランを練らなければいけません。

ロケーションは3つ。

全部で15ミッション。

兵士の見た目や装備はかなり細かくカスタマイズできます。


ターンベースなのでアクションが苦手、という人でもじっくり楽しめます。その昔Rainbow SixやSWATといったゲームで突入ルートの作成に思いっきり凝ったことがある人はもちろん、ミリタリー系FPSが好きな人なら思う存分「ステンバーイ……ステンバーイ……」できることまちがいありません。

動画はこちらから。iOSAndroid向けに販売中です。
Breach & Clear Launch Trailer – YouTube

ソース:Breach and Clear: Own Every Angle

関連記事

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ(Navy Seals)はなぜ「ハイ・レディ」ポジションを多用するのか、シールズの現役少佐に直接聞いてみた - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part1 - DNA

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

腐敗したデトロイトで戦うメカ刑事「ロボコップ」予告編第1弾が登場 - DNA

「ロボコップ」シリーズ登場の欠陥ロボ、ED-209型がeBayで販売中、お値段230万円 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧