科学と技術

Google Glassのバッテリー容量を約3倍にする増設電池「PWRglass」


Google Glassは常時インターネットに接続されているため、バッテリーのもちが悪くなることが予測されます。まだGoogle Glass自体の一般販売は始まっていませんが、こんな増設バッテリーが既に計画されているようです。


PWRglassはツルの部分に接続する増設バッテリー。2000mAhのリチウムイオン電池で、持続時間は約3倍になります。mini-USB端子経由で使用しながら充電も可能です。

長時間装着していると耳が痛くなりそうですが特に見た目の違和感なく増量可能となっています。

いわゆる「ネックバンド」方式のヘッドフォンの見た目に近くなります。首の後ろ部分の太さがけっこうありますね。

モバイル機器の歴史はバッテリーの進化の歴史でもあります。これからウェアラブルコンピューターが普及するにつれ、バッテリーはより小型化・軽量化が求められていくのではないでしょうか。

ソース:PWRglass | Battery Packed Eyewear Retainer for Google Glass

関連記事

特許文書からみたGoogleの眼鏡型デバイス 「Glass」の秘密 - DNA

「Google Glass」での写真や動画の撮影は注意が必要かも? - DNA

Evernote「まったく新しくマジカル」な連携ハードウェアを計画中 - DNA

ミドルレンジの一眼カメラにもバッテリーグリップを、JTTが「DODA-E」を発売 - DNA

周囲の人が気味悪がるのと引き換えに「メガネ無し3D映像」を実現する動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧