世界のびっくりニュース

Arduinoを仕込んだテディベアに「ブレードランナー」の名セリフを喋らせる動画


「2つでじゅうぶんですよ!2つで!」以外にもたくさんの名場面がある不朽の名作SF映画「ブレードランナー」。Arduinoで喋れるようになったテディベアにあの名セリフを再現させるという、シュールながらも近未来感がプンプン漂う動画です。


動画はこちらから。
BearDuino Does Blade Runner on Vimeo

元ネタは「ブレードランナー」のラスト近いシーン、ルトガー・ハウアーが演じる脱走レプリカントの最後の1体、「バティー」がその死の前に残すモノローグです。2:27あたりから始まる名場面。
? Blade Runner – TEARS IN RAIN [Hi-Res Video] – YouTube

この「お前たち人間が見たこともないようなものを、俺は見てきた。オリオン座の近くで燃えた宇宙船やタンホイザーゲートのオーロラ。そういう思い出もやがては消える。その時がくれば、雨の中の涙のように……その時が来た」というセリフは、リドリー・スコットと脚本のデイヴィッド・ピープルズが書いたものをベースに、ルトガー・ハウアーが書き換え、さらにアドリブを加えたもの。

バティーが存在した証明として、そしてハリソン・フォード演じるデッカードに自らの死をもって「人間とは何か」を問う名シーンとして知られています

ちなみにこの作品は以前ネット上の「感情」をひたすらつぶやきつづけるぬいぐるみの群れ「T.E.D.」を作ったSean Hathawayが「プロジェクトを拡散し、残すため」にぬいぐるみの一部を放出したものを利用したプロジェクト。生まれ方もなんとなくSFチックで面白いですね。

関連記事

レプリカントとひたすら追いかけっこ「ブレードランナー」を60秒に圧縮した動画 - DNA

名作SF「ブレードランナー」公開前の視聴者アンケートは酷評だらけだった - DNA

「東京×ブレードランナー」なタイムラプス動画「android dreams」 - DNA

無料でネット版「ニンジャスレイヤー」をイヤというほど楽しめるAndroidアプリ「Njslyr Reader」 - DNA

フィリップ・K・ディックの歴史改変SF「高い城の男」がリドリー・スコットによってミニTVシリーズへ - DNA

「ゆりかもめ」の車窓から撮影した長時間露光+タイムラプスな動画がすごい - DNA

後半2/3が大騒ぎ、傑作SF「エイリアン2」を60秒に圧縮した動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧