ネット・PC

「iOS 7」のコードの中に「120fpsハイスピードカメラ」機能が発見される


歴代のiPhoneを見ると、カメラの進化っぷりには驚くべきものがあります。iPhone5ではカメラを滑らかに振るだけでパノラマが撮影できるようになりましたが、最新のOS「iOS 7」にはまだまだ隠された機能がある模様。コードを調査した結果、120fpsで動画を撮影できるモードが発見されたそうです。


ベータ版iOS 7の中に発見されたのは「Mogul」と呼ばれる撮影モード。分析の結果、1秒間に120コマで動画を撮影できると推測されているそうです。

通常のiPhoneのカメラは1秒間に30コマで動画を撮影しています。このコマ数を4倍にすると、再生する時に1/4のスローモーションになります。

「Mogul」モードでは、どのような解像度で撮影できるのかなどはまだ不明で、iPhone5でのテストでは動作しなかったそうですが、他にも720p-60fpsのサポートや音声再生の強化が行われていることも判明しています。

ハイスピード撮影はカシオのEXILIMシリーズなど、いくつかのデジタルカメラには搭載されており、スマートフォンでもSamsungのGalaxy S4に搭載されています。後発としてAppleがどこまで詰められるかが楽しみです。

参考:Galaxy S4で撮影された120fps動画。
Samsung Galaxy S4 Slow Motion Test (120 FPS) – YouTube

ソース:The next iPhone’s cool-factor: a slow-motion camera? | 9to5Mac

関連記事

驚異の進化、歴代の「iPhoneカメラ」全6機種の画質を徹底比較 - DNA

iPhoneにビューファインダーを追加する「Daylight Viewfinder」 - DNA

iPhoneに一眼レフのレンズを装着できるマウントが登場 - DNA

iPhoneを露出計に変身させるアタッチメント「Luxi」 - DNA

スクリーンの奥に裸眼擬似立体映像を生成するiPhoneアプリ「i3D」がすごい - DNA

AR(拡張現実)技術で自分の街を戦場にできるiPhone用3Dシューティングアプリ「Star Wars Arcade: Falcon Gunner」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧