ネット・PC

Google「ストリートビュー」の「背負い式カメラ」をサードパーティに貸し出し開始


部屋にいながらにして世界の街角を歩いている気分を味わえる「ストリートビュー」の画像は、特殊な全周カメラとGPSを組み合わせたシステムを使って撮影されています。今まではGoogleのみが撮影を行っていましたが、地球上のさらに細かい場所を撮影するため、様々な団体に貸し出すことを発表しました。


現在、ストリートビューはGoogleが直接現地で撮影を行っていますが、今後は様々な団体による協力を求めていくとのこと。現在、ハワイ観光局に貸し出されており、様々な観光地・景勝地の撮影が行われており、近い将来「ストリートビュー」にて公開されるということです。

参加資格は観光振興団体、非営利団体、政府機関、大学、研究機関、または自分がいる場所を世界に公開したい人達。撮影したデータはGoogleに提出するのが条件となっています。

貸出プログラムの紹介動画はこちらから。
Trek the world with Google Maps – YouTube

関連記事

Googleストリートビューの写真をルートにそってタイムラプスにする「Google Street View Hyperlapse」 - DNA

世界中の道の終わり、Googleストリートビューで見られる行き止まりの写真いろいろ - DNA

プロが「Googleストリートビュー」から厳選した幻想的な風景写真 パート2 - DNA

プロが「Googleストリートビュー」から厳選した幻想的な風景写真15枚 - DNA

Googleストリートビューの画像からパノラマ球体をリアルタイムに表示するWebアプリ「Streetview Stereographic」 - DNA

Googleストリートビューで見かけた9個の奇妙な風景 - DNA

エベレストやキリマンジャロなど、4大陸の最高峰からの景色がGoogleストリートビューで公開 - DNA

Googleの新プロジェクト開始か、「reCAPTCH」に「ストリートビュー」の画像が出てくるように - DNA

軍艦島(端島)を実際に歩きまわって撮影したGoogleストリートビュー公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧