世界のびっくりニュース

19世紀から20世紀初頭の奇妙な発明とその美しきイラストいろいろ


新しいものを思いつくのはとてもたのしいこと。科学技術が飛躍的に進歩した1800年代~1900年代はそんな楽しい発明がたくさん生まれた時代でもあります。今の目で見ても欲しい、と思えるものからちょっと考えすぎたものまで、当時の発明品とその解説イラストです。

1. ライフ・ボート(1937年)
水陸両用の素敵なスーツですが、超大容量のオムツに見えなくもないのが残念です。

2. フライング・マシン(1869年)
空を飛ぶのは人間の永遠の夢

3. 浮き輪機能付きシルクハット(1840年)
シルクハットのブームが去ってしまった

4. ダイビング・ドレス(1810年)
海底生活も夢ではない?

5. 潜望鏡(1864年)

6. 義手(1865年)
複雑な仕組みが綺麗に描かれています。

7. 豚用の口輪(1901年)

8. はいはい出来るベビードール(1871年)
ちょっと怖い……

9. ファン付きロッキングチェア(1847年)
ファンといっても回転するアレではなくて「扇」のほう。空気の循環は大切ですね

10. 自動車(1895年)
複雑な歯車が描かれています。
参照:[字幕動画]自動車の重要部品「デファレンシャルギア(デフギア)」の仕組みと構造を解説をしてくれる動画「Around the Corner」

11. モバイルファン付きソファ(1830年)
鳩時計の仕組みですね

12. アヒルのおもちゃ(1870年)
お風呂のアヒルは不滅です。

こうした世の中に出ないアイディアがたくさんあったからこそ、今の技術があるわけですね。まさに「失敗は成功の母」を地で行くイラストでした。

ソース:12 Beautiful Old Drawings For Bizarre Inventions

関連記事

思わず「それ役に立たないよね……」と言ってしまいそうな20世紀初めごろの珍発明11個 - DNA

ユニーク&オンリーワンすぎて使うのがとても難しそうな発明品16個 - DNA

アートなくらいめんどくさがっている写真30枚 - DNA

恐怖の兵器、兵士の糞便を発射する「特殊砲弾」がロシアで発明される - DNA

偉大な科学者たちの功績を自身の名前のタイポグラフィで表したイラスト10枚 - DNA

歴史的な偉人たちがまだ何でもない若者だった頃の写真30枚 - DNA

今、恐るべきTシャツが中国のドライバーに大注目されている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧