ゲーム

賢い犬が大活躍、今度の「Call of Duty: Ghosts」のゲームプレイトレーラーがすごい


シリーズ最新作「Call of Duty: Ghosts」のゲームプレイの一部始終の動画がE3で公開されました。前回までとは違う世界線のストーリー、一新されるレンダリングエンジンなどの新機軸に加え、今回は犬のライリー君が大活躍です。


まずは水中戦闘シーンから。過去にも水中からの潜入シーンはありましたが、レンダリングエンジンが変って美しくなりました。サカナや残骸もよりたくさん、よりリアルに動きます。

動画はこちらから。
Call of Duty Ghosts Gameplay – YouTube

今回の注目は「犬」のライリー君。みっちりとキャプチャされ、頼もしい相棒としてともに戦います。

プレイヤーがライリー君(※役名)を操作するシーンも。あの恐ろしいまでのキバを、今度は敵に叩き込めます。

動画はこちらから。
Call of Duty Ghosts Riley Dog Gameplay – YouTube

今回プレイできる「犬」のライリー君はかなり新機軸のようで、専用のTwitterアカウントも公開中。

最後の突入シーンについてもコメントしてくれています:

「Infinity Wardは俺が子犬からバッド・アス・マザー・フ●ッカーに変身した瞬間をうまく撮影してくれてた」

その他、E3カンファレンスについていろいろとやりたい放題なコメントを残しています。

「今度のマリオには猫が出るんだって?ニンテンドーよ、たった今最強の敵ができたようだぜ」

「絨毯爆撃しておいたぜ」とのこと。「ここでのキャンプ(一箇所でじっとして敵を待ち受けるという、ゲームでは卑劣とされる行為)禁止」だそうです。

動画はこちらから。
Official Call of Duty: Ghosts – All Access Gameplay Preview – YouTube

関連記事

まったく新しくなった「Call Of Duty: Ghosts」のストーリーや新技術などのまとめ - DNA

シリーズ最新作「Call of Duty: Ghosts」正式発表、ティーザートレーラー公開 - DNA

ロサンゼルス市警「モダン・ウォーフェア」の「ゴースト」を取り押さえる - DNA

「Battlefield 4のシングルキャンペーンはもっと自由度が上がる」プロデューサーがコメント - DNA

現代戦っぽさ120%「Battlefield 4」では「司令官システム」が復活 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧