アートとデザイン

自分一人だけでものすごい行列を特撮してしまったすごいGIF動画いろいろ


デジタル撮影ならこんなものすごい合成もお手のもの。カメラは制止させたまま自分の動きをコマ撮りし、すべてのピースを一気に合成するとこんなにもファンタジックな大群衆の動画が出来上がります。


以前、科学の勝利、Kinectを使って1人でも「アルゴリズム行進」を楽しめる – DNA” target=”_blank”>Kinectを使って一瞬前の自分の動きを撮影しておき、リアルタイムで「アルゴリズム体操」を再現する動画をご紹介しましたが、手法はほぼ同じですね

1. 足のタイミングがばっちりあってますね。これは手前側から奥にジャンプする動きをひたすらつなげた動画。

2. 同じタイミングで同じようにあわてるのが面白い。

3. 無限にランランラン。

4. 火踊り。

5. 動画のタネがちょっとわかるのがこちら。中央の人物がうっすら消えているのがポイントです。

6. 撮る原理は簡単ですが1方向につき1回走っているので作るのは大変です。

7. 蛇行しながら走る

8. なんかものすごくいっぱいですね。

9. レミングス風。

10. ぐねぐねするとさらに不思議。

11. 混沌としてきました。

作者はイスタンブールを拠点に活動している写真家のErdal Inciさん。公式のTumblrにはさらに面白い作品がたくさん掲載されています。

直接は関係ありませんが、こんなイタズラを思い出してしまいました。ループって面白いですね。
Never-ending crossing Prank – YouTube

ソース:Erdal Inci

関連記事

超簡単、人手も機材も節約できるカッコイイ特殊効果の撮影テクニック3選 - DNA

古今のSF作品に出てくるかっこいいユーザーインターフェイスの画像いろいろ - DNA

早わかり、なぜダルビッシュの球は打てないのかを解説してくれる画像 - DNA

いつ撮影してもまったく同じ角度で写っているセレブ7人のGIF動画 - DNA

思わず生命の神秘を感じてしまう「フラクタル立体」の動画 - DNA

マイケル・ジャクソンのダンスをレゴで再現したアニメーション動画「Lego Dance」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧