ゲーム

「Battlefield 4のシングルキャンペーンはもっと自由度が上がる」プロデューサーがコメント


発売日が2013年10月29日に決まったエレクトロニックアーツ社のFPS「バトルフィールド4(Battfield 4)」。前作では「本編」としてはじめてシングルキャンペーンが導入され、話題を呼びましたが今回はどうなるのでしょうか。内容について開発会社DICEののパトリック・バッハが答えています。


これはYouTubeのEA公式チャンネル「eacision」でのインタビュー動画。「Battlefield 4ではよりアクション映画風になるのか」という問いに対し「よりドラマチックに、より激しく、爆発はもっと大きくなる」と前置いた上で「なによりもプレイヤーを狭いところにつなぎとめるつもりはない。プレイヤーを解放して、自律的に状況に対応できるようにしたい。動き回ったり、武器を拾ったり。よりマルチプレイヤーゲームのようになる」とコメントしました。

もともと「バトルフィールド」シリーズは、端から端まで歩くと何分もかかるような広いフィールドにたくさんの兵士を配置し、大軍の中の一人として遊ぶという雰囲気のゲーム。軍の中の誰か一人の目からストーリーを描くという「シングルキャンペーン」はもともとライバルの「コール・オブ・デューティ(Call Of Duty)」シリーズの特徴でした。

「バトルフィールド」ではスピンアウトの「バッドカンパニー」シリーズから「CoD」方式のシングルキャンペーンを導入、これに対抗しているわけですが差別化は難しく「そっくり」という評価がつきまといました。

また「最近のFPSのマップって1本道にカットシーン入れただけだよね」という皮肉っぽい見方をする人も多いです。
First person shooters

こうした批判を踏まえての発言と思われますが、さてどれくらいの自由度が確保されるのでしょうか。
Battlefield 4 | Single Player Campaign | FTW May 2013 – YouTube

関連記事

大迫力FPSゲーム「Battlefield 4」17分にも及ぶプレイ動画が公開 - DNA

ついにきた「Battlefield 4」ティーザー動画、プレイ動画は27日解禁 - DNA

まったく新しくなった「Call Of Duty: Ghosts」のストーリーや新技術などのまとめ - DNA

シリーズ最新作「Call of Duty: Ghosts」正式発表、ティーザートレーラー公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧