世界のびっくりニュース

イラクの聖地ナジャフにある数百万人が眠る世界最大・最古のイスラム墓地「平和の谷(Wadi Al-Salam)」


中東・イラクにあるムスリムの聖地ナジャフの約13%を占める世界最大級の墓地「平和の谷(Wadi Al-Salam)」の圧倒的な光景の写真です。1400年以上の歴史を有し6平方キロメートルの巨大な敷地の墓地は、まさに死者の巨大都市そのものです。

平和の谷を意味する「ワディ・アル・サラーム(Wadi Al-Salam)」は、イラクの聖地ナジャフにあるイスラム墓地。人口約60万人のナジャフは、ムスリムの巡礼地としてサウジアラビアのメッカ、メディナにつぐ第3の巡礼者が訪れる国際都市となっています。

1.

この墓地は、6平方キロメートルに数百万人の人々が眠っており、世界最大の墓地の一つ。その歴史は1400年を越え、現在でも成長し続けています。

2.

第4代正当カリフでシーア派の初代イマームであるアリー・イブン・アビー・ターリブの墓廟があることでも有名です。

3.

4.

各々のお墓には特別な地下室へ続く階段が存在し、家族先祖代々の遺体が安置されています。

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

こちらは「ワディ・アル・サラーム」を撮影した動画です
Wadi-us-Salaam, Najaf, Iraq (2011) – YouTube

12. 航空写真で見た「ワディ・アル・サラーム」。とにかくすごい墓地の規模です。
Najaf Mosque – Satellite Imagery

13. 旧市街と第4代正統カリフ「アリー・イブン・アビー・ターリブ」の墓廟

Googleマップで見るとこんな感じです。

大きな地図で見る

現在、ユネスコ世界遺産の暫定リストに登録されている「ワディ・アル・サラーム」。現在でも大きくなりつつある歴史的な遺産には驚くばかりです。

ソース:Wadi Al-Salaam: The Largest Cemetery in The World | Amusing Planet

関連記事

ロシアン・マフィアたちのすごいお墓の写真いろいろ - DNA

1860〜1880年代ごろの中東・北アフリカの非常にレアなモノクロ写真いろいろ - DNA

栄枯盛衰、1870年代に撮影されたエジプトのビンテージ写真30枚 - DNA

インド・ヴァラナシのサドゥーたちの世界を写した写真集「Holy man」とドキュメンタリーフィルム「Beyond」 - DNA

世界の終焉を思わせる、まるで巨大な壁のような強烈な砂嵐「ハブーブ」の写真15枚 - DNA

チュニジアの砂漠に廃墟化しつつも残っていたスター・ウォーズに登場する惑星「タトゥイーン」のロケ地跡の写真 - DNA

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ - DNA

サハラ砂漠の世界遺産都市「マリ・ジェンネ旧市街」と泥で作られた世界最大の建築物「ジェンネの大モスク」 - DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み - DNA

ものすごい勢いで周りながら神の名を唱える修行「ズィクル」を行うイスラム神秘主義・スーフィーの修行僧たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧