エンタメ

チリの鉱山落盤事故の映画化「The 33」の主演にアントニオ・バンデラス


2010年、チリの鉱山の落盤事故により33人の労働者が69日間にもわたり閉じ込められるも、執念と奇跡の努力によって生還するという出来事がありました。事件直後から様々な企業が小説化・映画化のための契約に走り回っていたことが伝えられていますが、今回「The 33」と題した映画がアントニオ・バンデラス主演でアナウンスされています。


スペイン出身のラテン・スターは、アクション映画での活躍が有名ですが、今回バンデラスが演じるのは、現場のリーダー「スーパー・マリオ」ことマリオ・セプルベダ役。ストレスで険悪になる労働者達をまとめ69日間の共同生活をやりとげたタフさをいかに演じるかが見所です。

他にもマーチン・シーンロドリゴ・サントロなど、ベテラン・若手の出演陣が脇を固めます。

監督はパトリシア・リゲン(「Girl in Progress」「La Misma Luna」)、プロデューサーにマイク・メダヴォイ(「シャッター アイランド 」「ブラック・スワン」)とこちらも若手とベテランの組み合わせ。

実際の事件では、救助に際して国際的な協力が行われたり、労働者と家族がやりとりをする様子がほぼリアルタイムでテレビ中継がなされていました。これを映画にどのようにまとめるのか楽しみです。

ソース:Antonio Banderas Starring In Chilean Miners’ Tale ‘The 33′ | Variety

関連記事

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに - DNA

スピルバーグ監督の次回作は米軍史上最高の狙撃手の自伝の映画化と報道 - DNA

世界的に大ヒットした映画の名シーンを俳優本人が再現した写真17枚 - DNA

偉人から極悪人まで、実在の人物と演じた俳優を比較した写真いろいろ - DNA

とにかく瓜二つ、ハリウッド伝記映画での実在の人物と演じた俳優の比較写真いろいろ - DNA

ホラー映画の伝説的な殺人鬼とメイク前の素顔の俳優たちを比較した写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧