アートとデザイン

中国の新聞「人民日報」の新社屋ビルのデザインがすごい


1948年に創刊し、以来共産党の意向を強く受けながら生の中国の情報を発信し続ける「人民日報」の新社屋ビルのデザインが「こいつはデカい」ということで話題になっています。


雄々しくそびえたつ新社屋ビル。上層階のデザインがかなりオスっぽいですね。

たぶん建設作業用の足場をとっぱらえばちゃんとしたデザインになると思われます。

あまりの男性的なデザインっぷりに「中国中央電視台本部ビルとのマッチングは最高じゃないか!」との声もあるということです。理由はわかりませんがすごいことです。

本社ビルが力と権威の象徴とすると、あながち間違ってもいないデザインですが、今後の完成を見守りたいとおもいます。

ソース:Building mocked for resembling a giant penis – Trending blog – What’s trending now – Twitter | MSN Travel UK

関連記事

アフリカで「ペニス狩り」の被害が激増中 - DNA

ちょっとイケナイ形状のトウガラシを栽培できるキット「Chilli Willy kit」 - DNA

[閲覧注意]アイスランドペニス博物館はハンドボールのオリンピックチーム全員のペニスを展示している - DNA

[閲覧注意]中国で放送されている「反日歴史ドラマ」がすごいというかひどい - DNA

中国の貯水池に浮いているどうやって持ってきたのか分からない航空母艦 - DNA

目指せ革命天国、中国共産党によるプロパガンダ・ポスター15枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧