世界のびっくりニュース

レイプされそうになると電撃を放ち警察に通報する下着をインドの女性が開発


いつなんどき犯罪に巻き込まれるかわからない世の中、何も起こらないと思っていても最後の備えは大事です。性的暴行を受けそうになったとき、相手に電撃を加え、自動的に位置情報を警察に送信するという下着をインドの女性が開発しました。


こちらがその下着。乳房の部分に3800キロボルトの通電部分が隠されているとのこと。統計上、まず最初に胸をわしづかみにされることが多いためこの場所に設置させているということです。

また通電と同時に、GPSの位置情報を携帯電話モジュールで家族と警察に知らせるようになっています。

開発者の女性は「修道院の付属校ではみんなに笑いかけ、優しくするように習うのに、現実世界ではそれが仇になります。法律が追い付いてこない以上、自分の身は自分の身で守らなければ」とコメント。インドはまだ旧態依然とした男性社会で、セクハラから暴行まで性的な犯罪が後を絶ちません。こうした護身のための道具のニーズはまだまだ少なくなりそうにありません。

ソース:Indian engineers invent ‘anti-rape’ underwear which gives attackers electric shocks and automatically texts police for help | Mail Online

関連記事

自動販売機に性的いたずらを加え金銭を強奪しようとした男が逮捕 - DNA

秘儀「ムボボボ」で女性に強姦されたような気分を与えて失神させたアフリカの男性が指名手配 - DNA

戦慄の動画「電撃ハエ叩き」におしっこをかけるとこうなる - DNA

[閲覧注意]直流電気と交流電気、どっちが痛いか試してみた動画 - DNA

選手にリモコン電撃を加えられる観客参加型スポーツ「電撃サッカー」の動画 - DNA

60m先のターゲットを5万ボルトの電流でノックダウンする電撃ウェポン「Taser Grenade」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧