世界のびっくりニュース

「3Dプリンタで自動小銃」のDefence Distributedチーム、クラス7のライセンスを取得し銃の製造販売が可能に


3Dプリンタで作ったライフルのパーツ弾倉の動画や3Dデータをネット上に公開し話題となっているアメリカのDefence Distributedチームが、アメリカ国内での銃の製造販売を行うのに必要なFFLライセンスを取得したと発表しました。3Dプリンタで製造したパーツの販売の前準備であるといわれています。


アメリカで銃火器の製造や販売を行うには連邦銃火器ライセンス(FFL)と特殊職業納税者登録(SOT)の2つが必要ですが、今回Defence Distributedが取得したのは爆薬や徹甲弾以外のほとんどの銃の製造・販売が可能な「FFL Type 7」ライセンス。

今後、Defence Distributedは銃の販売に必要な「SOT Class 2」を取得する見込みで、おそらく連邦火器法(NFA)に規定のないセミオート(半自動の単発式)銃器用のパーツの製造と、オンラインでの販売を行うとみられています。

NFAで規制されているフルオート銃器の製造については別途「SOT Class 3」の登録が必要となりますが、そちらはおそらくフルオートに耐えうる強度のパーツの製造が可能になってからになると思われます。

今回の動き自体も実際に製造販売を行うかどうかはともかく、法的に環境を整備しただけの「パフォーマンス」に近いもののように思えます。「3Dプリンタをみんなが使うようになれば、銃への規制は無意味になる」というメッセージがどこまで届くかどうかが見ものです。

ソース:Look who now has a license to manufacture firearms! The work begins!

関連記事

3Dプリンタ製AR-15ライフルのロアレシーバー、Defence Distributedが新型を開発 - DNA

3Dプリンタで作った「AR-15用30連マガジン」でバリバリ射撃する動画 - DNA

世界初、3Dプリンタで実際に射撃できるライフルのフレームの出力に成功 - DNA

これは次世代DIY、3Dプリンタだけを使って生産されたAR-15系のマガジン - DNA

軽量な樹脂製薬莢がライフル用弾薬向けに2011年からリリース予定 - DNA

P2P情報サイト「The Pirates Bay」、3Dオブジェクトデータ専門のカテゴリを新設 - DNA

対ゾンビ兵器、ライフルに装着できる市販チェーンソーユニット「Zombie-X」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧