アートとデザイン

お値段3.6億円、限定3台生産のランボルギーニ新型モデル「VENENO(ヴェネーノ)」がジュネーヴでデビュー


スイス・ジュネーヴで2013年3月7日から17日に開催されるサロン・アンテルナショナル・ド・ロト(ジュネーヴ・モーターショー)で初お披露目が行われた創業50周年記念の特別限定モデル「ランボルギーニ・VENENO(ヴェネーノ)」。空力性能とコーナリングの安定に特に焦点を当てて開発されたというだけあり、3.6億円(300万ユーロ)という価格もさることながらデザイン・性能も非常に注目のマシンです。ちなみに2013年に限定生産される3台はすでに全て売約済み。今回出展されたVENENOはナンバー0のテスト車両はまだ行先未定。もし購入を検討している人はこの車両に注目です。

ランボルギーニの伝統を受け継ぎ史上最強かつ最速の最もアグレッシブな伝説の闘牛から名付けられてたVENENO。乾燥重量1450kgの車体に6.5リットルV型112気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度355km/hを叩きだすまさにモンスターなスーパースポーツカーです。

1. 完璧なエアフローとダウンフォースが得られるよう配置されたフロントエンド

2. 全てのエクステリアパーツはCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製

3. ボディー・カラーはグレーメタリックルック。出展車はアクセントとしてイタリア国旗の3色すべてをそろえていますが、販売済みの3台はそれぞれグリーン、ホワイト、レッドのアクセントを纏っています。

4. 高速でのコーナリング性能を高める大型センター”シャーク”フィンが特徴のエンジンカバー

5. フロント20インチ、リア21インチの合金ホイールが装着されています

6. パワーウェイトレシオは1.93kg/hp (4.25lbs/hp)、出力が552kW/750hp。

7. エンジンクーリングとインテークエア用の大型オープニングに完璧なエアフローを実現したエアロダイナミクスのサイドライン

8. 軽量化を実現するため、インテリアもカーボンファイバーに支配されています。超軽量のアヴェンタドール(Aventador)よりさらに125kgも軽量化されています。

9.

10.

ジュネーヴ・モーターショーでのフォルクスワーゲン・グループのイベント動画です。ランボルギーニ・Venenoが登場し最高経営責任者(CEO)ステファン・ヴィンケルマン氏が発表を行なっています。
Lamborghini Veneno – VW Group Night unveil – YouTube

ソース:オーバービュー < Veneno < コンセプト < モデルのラインナップ < Automobili Lamborghini S.p.A.
VENENO

関連記事

2012年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

ついに新型ランボルギーニ「Sesto Elemento」が登場 - DNA

ランボルギーニ最新最強のスーパーカー「アヴェンタドール LP 700-4(Lamborghini Aventador)」が誕生するまでの動画 - DNA

まったくの白紙状態から最新技術を投入して開発されたランボルギーニの新12気筒エンジンが登場 - DNA

これは贅沢、9台のスポーツカーでドラッグレースする「The World’s Greatest Drag Race」 - DNA

伝説のスーパーカー「デ・トマソ マングスタ(De Tomaso Mangusta)」の新コンセプトデザイン「Mangusta Legacy Concept」 - DNA

可変ウィングを採用した超高級スーパーカー「Zonda Pagani C9 Huayra」 - DNA

ドゥカティのエンジンを搭載した超軽量スーパーカー「Spartan V」 - DNA

ジェットエンジン搭載スクーターVSランボルギーニのドラッグレースムービー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧