ネット・PC

紀元前2300年から現在までに隕石が地球上に落下した場所がよくわかるインタラクティブ世界地図「Meteoritessize」


紀元前2300年から現在までに隕石が落下した場所として確認されているポイントがよく分かるインタラクティブ世界地図「Meteoritessize」です。日本を含め世界の何処に隕石が落下しているのかが一目瞭然で分かります。

自由に動かせる世界地図に隕石が落下した場所に衝突のエネルギーの大きさに準じて◯が描かれています。また画面右から検索も可能です。

ちなみに、日本はこんな感じになっています。

世界地図「Meteoritessize」はこちらから。
meteoritessize | CartoDB

この地図はアメリカ・ニューヨークにあるVizzuality社が自社が提供しているクラウドベースのマッピング、解析、ビジュアライゼーションのエンジン「CartoDB」を使用して制作したものです。

関連記事

風刺・皮肉の効きまくった20世紀初頭ごろのヨーロッパ地図いろいろ - DNA

ヨーロッパやアメリカから見た他の国のイメージを描き表したおもしろ地図いろいろ - DNA

Googleマップを利用したインタラクティブな世界地図パズル「Mercator Puzzle!」 - DNA

2013年版、地球に張り巡らされた「海底ケーブル」のインタラクティブな世界地図 - DNA

世界各国の名前の由来がぎっしり詰まった世界地図 - DNA

世界各国で最も人気のある自動車が一目でわかる世界地図 - DNA

旅行者と地元の人の行動パターンの違いが一目でわかる世界の大都市地図 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧