アートとデザイン

クォリティが最低すぎて笑えてしまう同人3D版「ライオン・キング」


名作の3D化というのは色々な困難がつきまとうもの。努力の跡はうかがえますが、どうがんばってもクォリティが低すぎてかなり笑えてしまう、ファンメイド版「ライオン・キング3D」の動画がこちら。逆になにかただものではないセンスを感じます。


左足がめりこんでいますが断言しましょう、この動画でもっとも美しいシーンです。

下半身が謎の物体に。

骨盤?

びよーんと伸びた腕と首。ライオンのはずですが。

最近の3Dゲームでは当たり前になった「ラグドール物理演算」など完全無視で、固まったまま落ちていく不思議なライオン。

驚いているのは伝わってきますが……。

動画はこちらから。
Disney’s “Lion King” – in 3D! – YouTube

関連記事

これが新しいネットトレンド「ライオン・キング・イング」だ - DNA

ディズニー・アニメに登場する動物と同じポーズをしている本物たちの比較写真20枚 - DNA

ディズニー映画のワンシーンとリアルな野生動物の世界を比較した画像 - DNA

寒くてキングスライム状態になってしまったキツネザルの動画 - DNA

3D版「トップガン」IMAXシアターでの上映近づく、Blu-rayに収録予定 - DNA

憎悪の果て、永遠の空中戦を描く3Dアニメーション「PATHS OF HATE」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧