アートとデザイン

スピード感満点、トロンボーンのスライドにカメラを取り付けて撮影した動画


ピストンやキーを抑えるのではなく、スライドの長さを調節して音程を変えていくトロンボーンのスライドの先にGoProを取り付けたら、なぜかひどくダイナミックな見た目になってしまったというこの動画。曲とはうらはらにスピーディです。


いっきにここまでズームアップ、そしてまた素早くズームアウト。

あのスライドは実は7段階に分かれているのですが、区切りや目印はありません。動画の見た目は不思議ですが、トロンボーン奏者のあの腕の感覚も相当不思議です。
Trombone Silliness (Original- NO ads!) – YouTube

関連記事

ゴミから作り出した楽器で子ども達に音楽教育を与える交響楽団のドキュメンタリー「Landfill Harmonic」 - DNA

謎のフュージョン、アナグマとテルミンを合体させたシュール過ぎる楽器「Badgermin」 - DNA

普通のバイオリンを「ストラディバリウス」に近づける特殊な胞子 - DNA

もう「何それ」とは言わせない……ユーフォニアム1本で「ファイナルファンタジー4・ボスのテーマ」の全パートを演奏する動画 - DNA

足で弾く巨大ピアノで演奏するバッハの「トッカータとフーガ ニ短調」の動画 - DNA

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

マッドサイエンス風味のDIYパイプオルガンで弾く「愛しのアウグスティン」 - DNA

天才・モーツァルトが10歳で作曲した未発表ピアノ曲の初演動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧