世界のびっくりニュース

ホラー的奇習、夜10時になると住民全員が叫ぶ街がスウェーデンにある


夜中に叫び声が聞こえてくるのはあまり気持ちのいいものではありませんが、スウェーデンのとある街では毎日22時になると住民全員が外で叫ぶという大変変わった風習があるのだそうです。


なんだかゾンビ映画のようですね……
Flogsta SCREAM, the real stuff – YouTube

この街、フログスタはスウェーデンの西部にあるウプサラ大学の近郊にあり、住民のほとんどは大学の学生や講師で占められています。この奇習がどのようにして始まったのかはさだかではなく、定期試験の時のストレス解消の風習がそのまま毎日のことになったとか、自殺した学生を偲んでとか、様々な説があるそうです。

別の日の雄たけびはこちらから。他にも見たい人はぜひ「Flogsta Scream」で検索してみてください。
Flogstavral – YouTube

関連記事

ホテルの廊下で少女が仕掛けたホラー過ぎるイタズラ - DNA

[閲覧注意]夜に見ると悪夢に襲われそうな恐ろしい姿・形をした動物10選 - DNA

ホラー映画の伝説的な殺人鬼とメイク前の素顔の俳優たちを比較した写真いろいろ - DNA

ホラー映画をビクビクしながら見ているネコの動画 - DNA

思わず元気が出てしまう「イッツ・ショータイム!」と叫ぶシーンだけ91連発 - DNA

呪われたSiriが人々を虐殺しまくるホラー映画風ショートムービー「Siri: The Holiday Horror Movie」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧