世界のびっくりニュース

列車が来るたびに「折り畳む」タイ・メークロン市場の写真と動画


日本でも「アメ横」など線路のそばには人でにぎわう市場があるもの。しかしタイのメークロン市場は、線路をまたいで市場が作られており、電車が来るたびに折り畳むというなかなか凄まじいロケーションとなっています。


メークロン市場はタイの首都・バンコクの南西60㎞にあるタイ有数の海産物・生鮮市場。

大きな地図で見る

1日にわずか4往復・8本しか列車が走らないという超ローカル線ながら、タイでもっともエビが取引される場所の一つでもあります。

ものすごく線路の上にはみだしてしまっているテント群。

列車がくる5分前になると合図があります。

そうするとみんなテントを畳んだり、商品を避けたりします。ついたあだ名が「タラート・ロム・フープ(傘たたみ市場)」。

かなりギリギリ。

踏んでるようにも見えますが……

クリアランスはこんなもん。

徐行しているのかと思いきや結構な速度で走っていきます。さすが微笑みの国。
Amazing Thailand!! : Railway Market : Maeklong – YouTube

ソース:Maeklong Railway Market: Marketplace With a Railway Track Through it | Amusing Planet

関連記事

世界一の人口密度、バングラデシュに集まるムスリムの人多すぎな礼拝の風景 - DNA

めいっぱい住宅が建ち並んだ、人口密度が高そうな島10選 - DNA

世界一の人口密度、バングラデシュに集まるムスリムの人多すぎな礼拝の風景 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 - DNA

12個の鍋を同時に操り料理を仕上げる中国の屋台のオジサン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧