世界のびっくりニュース

消防署で大火事発生、装備がなくて手が出ず


火事の多くは不注意でおこるもの。気をつけていれば防げる火事はとてもたくさんあるはずなのですが、なぜか専門家だらけであるはずの消防署で火事が起こり、まったく手が出せないという事件が起こりました。


もっとも焼けてはいけない建物が焼けてしまったのはイギリス南部のバーウィック。午前5時ごろ、消防署から火の手が上がっているのを近所の人が見かけ通報しました。

もちろん真っ先に出動したのはバーウィック署の職員はもちろん真っ先に出動しましたが機材が屋内にあったため現場を封鎖する以外には何もできませんでした。すぐさま隣町からの応援などで10台以上の消防車が現場にあつまり、午前10時ごろに鎮火したそうです。

被害は建物の屋根がほぼ全焼したほか、1台25万ポンドの消防車が損傷し修理工場に送られたそうです。現在代替の消防署を確保中。近隣チームと協力態勢にあるので、消防車の到着が遅れるということです。

動画はこちらから。

ソース:Firemen tackle blaze at fire station – Latest news – Scotsman.com

関連記事

錬金術失敗か、うんこを黄金に変化させる実験でアパートが火事に - DNA

恐怖との戦い、火事に立ち向かう消防士のヘルメットカメラからの動画 - DNA

文字通り尻(しり)に火がついたら……、こうなってしまいます。 - DNA

映画「ゴーストバスターズ」に登場した消防署、また予算不足で閉鎖の見込み - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧