アートとデザイン

なぜか恐ろしく古めかしく見えるちょっと昔のパソコンの広告12枚


技術がどれだけ進歩したのかを見るにはちょっと過去を振り返ってみるのがいいでしょう。80年代には最先端だったこれらのパーツやソフトウェアも今の目で見るとひとたまりもありません。

1. 「パワーと、それ以上を求める人へ」表計算ソフトLotus 1-2-3の広告。

2. 「1バイトたったの2セント」のメモリの広告。単位と「噛む(bite)」をかけた広告。たぶん当時としては安かったのでしょうが、1ギガバイト2千万ドル(20億円)くらいになってしまいます。電子部品の値崩れはすごいですね。

3. 「10メガバイト3495ドル」のハードディスク。いまだとだいたい10万倍くらい(1テラバイト)のHDDが1000ドルくらいで買えますね。

4. 「16キロバイトのメモリであなたのマシンがモンスターなみに」いまだと約10万倍の16ギガバイトのメモリを積んだコンピューターもさほど珍しいものではありません。

5. 「海のようなデータをあなたの目にみえるかたちに」というAppleの広告。スペックを売らずにメリットを説く広告は古くなりにくい。

6. こちらもApple。「時速6億7000万マイル」つまり光速で手紙がおくれますという広告。

7. 「64キロバイトで1495ドル」

8. 「待望の10メガバイト3398ドル」のハードディスク。

9. こういうアタッチメントって昔はもっと見かけた気がします。

10. 「もっとも素早いマウス」UNIXマシンでは3ボタンマウスがよく使われていました。

11. カラーディスプレイであることをアピールする広告。昔は白黒が当たり前でした。

12. 「Seagateの80MBハードディスク。容量は大きいですが価格はそうでもありません」

ソース:Hilarious Technology Ads From Yesteryear

関連記事

あのApple社が80年代に展開していたアパレルラインのカタログ画像 - DNA

「私たちアップル!」1980年代のApple社テーマソング「We Are Apple (Leading The Way)」 - DNA

1985年の外付けハードディスクはたったの55MBでこんなにも巨大だった - DNA

容量たったの5メガバイト、でも運ぶのにフォークリフトが必要だったいにしえの記憶装置「IBM 350」 - DNA

すさまじき自主制作、80年代アニメ風「スター・ウォーズ」の動画がすごい - DNA

レトロさがすごく新鮮、80年代風のiPhoneインターフェイス「iOS ’86」 - DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧