科学と技術

オーストラリア最速のスーパーコンピューターの建造風景を1分半に凝縮したタイムラプス動画


スーパーコンピューターの建造というと巨大なビーカーに入れた脳みそや超ハイテクな防御システムを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、とりあえずオーストラリア最速のスーパーコンピューターは、ひたすらたくさんのコンピューターを使って並列処理を行うオーソドックスなもののようです。


オーストラリア国立大学に納入されたのは、現時点で世界24位となる富士通製のスパコン。計画当初世界最高の性能を誇っていた日本のスパコン「」の実績をかわれての導入です。やっぱり一番をとっておくのは重要ですね。

動画はこちらから。
Construction of the NCI supercomputer – timelapse video – YouTube

ひたすら黒い箱を運び、ワイヤリングするところが楽しめます。こうした力技で実現された計算速度は1200テラflops。電卓を持った人10億人が5か月かけて行う計算を1秒でできてしまう優れものです。

関連記事

ネットワークエンジニアを働かせるのにぴったりの「イーサネットケーブル鞭」 - DNA

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

「丸ごとどぼんとオイル漬け」がサーバー冷却のトレンドに - DNA

「空中サーバーなら差押えられない」P2P情報サイト「The Pirate Bay」が空中サーバープラットフォームを計画中 - DNA

RJ-45コネクタの内部にすべてを詰め込んだウルトラコンパクトなWebサーバー「Miniature Web Server」 - DNA

海外のQ&Aサイトで見られた「ネットワークのホスト名、どうやって決めてる?」の回答いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧