アートとデザイン

非常に難解、ヨーコ・オノのデザインによる男性ファッション・コレクション「Fashions for Men: 1969-2012」


難解すぎるファッションは、理解する方にかなりのレベルを要求するものですが、ジョン・レノンの妻、芸術家として有名なヨーコ・オノがデザインした男性ファンションのコレクション「Yoko Ono: Fashions for Men: 1969-2012」はまさにそんな感じ。実際に販売もされているものですが、非常に難解です。

「Yoko Ono: Fashions for men」は、セレクトショップ「OPENING CEREMONY」との共同で作られたコレクションです。

日本の'Fashions for Men: 1969-2012' YOKO ONO and Opening Ceremony|JUST IN|OPENING CEREMONY JAPANによる解説です。

このコレクションはJohn Lennonとオノ・ヨーコの結婚式の際に、オノ・ヨーコがJohnにプレゼントした手書きのイラストレーションを編集したものをベースに作成されています。その43年後、Opening Ceremonyとオノ・ヨーコが一緒に取り組み、数あるスケッチの中から選びぬいた型を生き返らせ、世界中で52ピースしか存在しないエクスクルーシブエディションのユニセックスのアパレル・靴・アクセサリーを創り出しました。それと共にオノ・ヨーコのアートワークをデザインのベースにした限定のスウェットシャツとポスターも展開されます。

1. Bell Board : $ 400.00

2. Butt Hoodie : $ 75.00

3. Mesh Cutout Shirt : $ 145.00

4. Jock Strap : $ 200.00

5. Eyelet Shirt : $ 200.00

6. Lightbulb Bra : $ 250.00

7. Printed Stop & Go Knee Pads : $ 55.00

8. Bell Belt : $ 295.00

9. Conservative Pants : $ 255.00

10. Hand Jacket : $ 595.00

※価格はアメリカサイトに表示されているデータです。

アメリカ「Opening Ceremony」のサイトで販売中です。
MEN – YOKO ONO FASHIONS FOR MEN 1969-2012 – OPENING CEREMONY

ヨーコ・オノが描いたイラストを使用した「Yoko Ono: Fashions for men 1969-2012 for Opening Ceremony」のアニメーションも公開されてります。
An Animation of Yoko Ono Fashions for Men on Vimeo

また、ヨーコ・オノと言えば2010年にニューヨーク近代美術館で披露した魂の叫びも記憶に新しいところです。
Yoko Ono Screaming Song Live at Art Show! (Original) – YouTube

関連記事

50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち - DNA

秘密のベールに包まれたファッションショーの赤裸々な楽屋裏の画像いろいろ - DNA

1930年頃のファッションデザイナーが予想した「2000年の流行ファッション」 - DNA

1839年のイギリスで予想された20世紀のファッションはこんな感じだった - DNA

ファッション雑誌「ヴォーグ・パリス」の完全に仕上がっている子どもモデルたちの写真 - DNA

スーパーモデル11人、仕事中の顔と普段の素顔を比較するとこうなる - DNA

現在ではあまり見ることのできない、70~80年代の最先端ファッション - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧