世界のびっくりニュース

恐怖と戦いながら歌うエクストリーム・カラオケ番組「Killer Karaoke」


日本で「のど自慢」と言えば、日曜日の昼下がりに見るのどかなテレビ番組ですが、さすがアメリカというべきでしょうか、様々な恐怖と戦いながら、何があっても歌い続けなければならないという恐ろしいルールの番組に仕立てあげてしまいました。


歌っているのはスローでブルージーなバラードナンバーのはずなのですが、どう頑張ってもデスメタルにしか聞こえません。
Killer Karaoke – Head Case – YouTube

「キラー・カラオケ」は2012年11月23日にスタートしたアメリカのテレビ番組。やっぱりアメリカ人はこういうおバカな番組を作らせたら右に出るものはいないなぁ……と思っていたのですが、実はイギリスの歌番組「Sing If You Can」ば元ネタになっているとのこと。ジョンブルは一枚上手でした。

ちなみに歌っているのはキャリー・アンダーウッドの「Before He Cheats」。原曲はこちらになります。
Carrie Underwood – Before He Cheats – YouTube

関連記事

8歳の女の子がハードコアなパフォーマンスを繰り広げるPV動画 - DNA

ホイットニー・ヒューストンの「えんだあぁぁあぁぁ!」が上手に歌えなくて自分を許せない少女の動画 - DNA

これはすごい、店頭のカラオケで「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を熱唱する少女の動画で話題騒然 - DNA

[字幕動画]変な客を皮肉った歌をYouTubeにアップしたスターバックスの店員が解雇される - DNA

すべてが1つに溶け合っていく……2601人が声や音や振り付けを提供して作り上げた歌の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧