世界のびっくりニュース

命がけで3匹のワニの上をポンポンポンと走り抜ける映画「007 死ぬのは奴らだ」のスタントが成功するまでのメイキング動画


1973年に公開された007シリーズ第8作目、ロジャー・ムーア主演の「007 死ぬのは奴らだ」では、ワニの上を飛び移っていくというシーンがあるのですが、この撮影はスタントマンが実際にワニを踏んでいる非常に危険なもの。これを成功するまでに5回も撮り直しが発生しています。監督のサドっぷりが分かりますね。

このワニのシーンは、撮影地のジャマイカでワニ園を経営していたロス・カナンガが提案して行われました。ちなみにスタントマンは言いだしっぺであるカナンガ自身が行なっており、かかとをワニに持っていかれそうになりながらも5回目に成功しています。

動画はこちらから。
Live and Let Die Crocodile Jump attempts – YouTube

ちなみに同作に登場するヤフェット・コットー演じる悪役のドクター・カナンガ(ミスター・ビッグ)の名前はこのロス・カナンガを由来としています。

関連記事

ジェームス・ボンド50周年、「007」の歴史を振り返る全24タイトルのポスター - DNA

与えられた時間は70秒、007のジェームス・ボンドの仕事っぷりを無理やり体験させる自動販売機の壮大なイタズラ動画 - DNA

ボンドvsボンド、「007」のカーチェイスシーンだけをつないでレース仕立てにしてしまったマッシュアップ動画 - DNA

演出の変化が面白い、「007」全22作の最初の1分間だけをマッシュアップした動画 - DNA

「007のテーマ」を演奏する空飛ぶクアロドコプター・ロボの群れの動画 - DNA

よーく見ると……アクション映画の影の主役スタントマンと本人が一緒にいる画像15枚 - DNA

無謀の極み、高さ2743mにあるケーブルを命綱なしで渡るスタントに成功 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧