科学と技術

ほぼすべての部品が紙で作られている二足歩行ロボット「PR-V」の動画


「朽ちてゆく機械(Decaying Machine)」をテーマに、回転軸や動力源以外のほぼすべてを紙から作ってしまった二足歩行機械がこちら。BGMも相まって、とても退廃的な雰囲気を漂わせる中でロボットが歩いていきます。


動画はこちらから。
Paper Biped Robot PR-5 vol.3 (Paper Automata) – YouTube

制作中の風景はこちらから。動力源も輪ゴムを使ったもので、特殊なものではないのがすごい。
Walking paper – YouTube

その他の作品は以下の公式チャンネルや作者さんのWebページからごらんください。

ソース:thedoorintos さんのチャンネル – YouTube

MPM – Mechanical Paper Model

関連記事

量産型・刀削麺ロボット軍団のものすごく威圧的な動画 - DNA

世界の任天堂が「ルンバ」の20年前に作っていた自動掃除ロボット「チリトリー」 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

「肩に乗った小さな相棒」を実現するウェアラブル・ロボットを山形大学が開発中 - DNA

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧