科学と技術

銃弾がいろいろなモノをぶっ壊すところを秒間100万コマの超高速度撮影で捉えた動画


DNAではこれまでたくさんのものを銃弾で破壊している動画をご紹介していますが、弾丸が当たった瞬間、ターゲットにはいったいどのようなことが起こっているのでしょうか?1秒間に100万コマ撮影できる特殊カメラで見ると、まさに衝撃的な変化が起こっているのがわかります。


途中に出てくるこの立方体はゼラチンの塊。人体と同じくらいの密度なので、破壊力テストによく使われます。人体を撃つとこういう風になってしまうわけですね。

動画はこちらから。
1 million fps Slow Motion video of bullet impacts made by Werner Mehl from Kurzzeit – YouTube

こちらは先の映像と逆、銃口から出てくる瞬間を秒間100万コマで捉えた動画。
1 Million FPS Slow Motion video of Bullet leaving barrel – YouTube

関連記事

もう別世界、水滴を毎秒1万コマで撮影したスーパースローモーション動画 - DNA

サバイバルゲームをスローで撮影した大迫力のムービー「Spitfire」 - DNA

マントをつけたスーパー子ネコがハイスピード撮影で宙を舞う動画 - DNA

直径180センチの超巨大水風船で遊んでいるところをスローモーションで撮影した動画 - DNA

少林寺の僧侶が投針術でガラスをぶち破るところをハイスピード撮影で捉えた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧