科学と技術

iPhone 5の「50口径のライフル弾に対する脆弱性」はどれくらい改善したのかが分かる動画


iPhone4S、そして「新しいiPad」と2連続で50口径のライフル弾に対する脆弱性を露呈してしまったApple社の新製品たち。リリースされたばかりのiPhone 5でも早速脆弱性が検証されています。ぜひ購入の参考にしてみてください。


50口径(12.7mm)を発射するライフル。結構な大物です。

さて、いったい何が起こるのでしょうか。動画はこちらから。
iPhone 5 vs .50 Cal: Tech Assassin – RatedRR @Support – YouTube

見事に貫通しているiPhone5。50口径を食らえば止めるのはおろか、爆発四散しないでいることすら難しいのですがこのように形を保っております。すべてのパーツがタイトに組み合わさって、1枚の鉄板として剛性を発揮している証拠です。単に長くなっただけではないわけですね。

なお「防弾」をうたう防護フィルム「ClearPlex」を使えば、鳥や蛇などの小動物を撃つ散弾くらいは止められるようです。
iPhone 5 Survives Being Shot With Handgun – ClearPlex – YouTube

関連記事

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

脆弱性再び、「新しいiPad」もライフル弾を止められないことが判明 - DNA

iPhoneの「銃弾が貫通する脆弱性」を一部修正するスクリーンプロテクタ「ClearPlex」が登場 - DNA

次々見つかる脆弱性「新しいiPad」は高出力レーザーにも弱い - DNA

「50口径に耐えるiPhone4」やっと実現、厚さ1インチの装甲ケースが発売 - DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 - DNA

ケブラー製パネルで対弾性能を高められるiPhone4・4S用ケース「Battlecase」 - DNA

ここまで長い「iPhone 5」ならもっと欲しくなっていたかも……と思わせるパロディCM動画 - DNA

真のハードボイルド野郎必見、9mmFMJを止めることができる「防弾クリップボード」が発売 - DNA

「これが僕のAKです。今から社長を撃ちます……」衝撃の動画が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧