アートとデザイン

かなりカオス、水を吹きながらのた打ち回るおサル型ロボットの動画


アートとは心を揺さぶるもの、ですがこれはちょっと異形過ぎるかもしれません。見た目はジャンクを寄せ集めた人体像っぽいアートなのですが、空気圧でのた打ち回りつつ水を吹き、甲高い叫び声をあげるという相当カオスなロボットとなっています。


いわゆる旧支配者の存在を確信してしまいそうになるカオスな動画はこちらから。
Amazing pneumatic creation moving and spitting, with cool controls. – YouTube

この奇怪な動きを可能にしているのがこちらのコントローラー。ランダムにボタンが配置されているように見えますが、最小限の動きで面白い動きをさせることができるようになっております。ちょっと楽器のようでもありますね。

関連記事

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

最も人間の足の筋肉の構造に近い2本足ロボットが登場 - DNA

なぜか悪夢のようなキャラクターが登場するアイスクリームのコマーシャル動画 - DNA

「Chase Goose」:悪夢の街を連打で脱出、トリッキーなタイピングがたまらないゲーム - DNA

偏執的なまでに細かい設定が可能な自動車工場運営ゲーム「Automation」が開発中 - DNA

ナチのコスプレ集団、ユダヤ系のカップルに「迫害される難民役やって」とお願いして騒ぎに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧