アートとデザイン

3年間同じ映像を表示し続けたCRT(ブラウン管)モニタの焼き付きはこんな感じ


CRT(ブラウン管)モニタは、長時間点灯し続けると焼き付きがでることがありました。モニタとしては致命的な現象ですが、これを逆手に取り、3年間ほど同じ画像を表示しつづけたCRTモニタの焼け付きをアートにしたのがこの「Burn-in Portrait」。過去の亡霊が写り込んでいるような、なんとも幻想的なアートです。

1. 焼き付いている映像は、アーティスト自身の顔写真とのこと。

2. 3年10ヶ月と2日間同じ映像を表示し続けた結果です。

3.

4.

これらの写真は、アメリカのアーティストTivon Rice氏の作品です。

ソース:Tivon Rice

関連記事

この50年のうち、世界で最も早く普及した電子機器はなんでしょう? - DNA

1949年に特集された雑誌記事「テレビではタブーな表現」いろいろ - DNA

視野が広がりまくるマルチディスプレイ環境のデスク写真23枚 - DNA

アフリカの強烈さ、ケニア・ナイロビのスラム街の個性溢れる個人商店の写真集「MERCHANTS OF NAIROBI」 - DNA

「Amazonでテレビを買ったら恐ろしいものが届いてショックだったんだ……」というニュースが話題に。 - DNA

1976年に特許を取得していた、どんなテレビにも使える汎用リモコンデバイス - DNA

お部屋をスタイリッシュに変身させるDIY本棚いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧