アートとデザイン

サドルもペダルもない新感覚過ぎるコンセプト自転車「FLIZ」


ちょっと想像がつきにくいかもしれませんが、サドルもペダルもない自転車のコンセプトデザインがこちら。ペダルとサドルを排除し、フレームで体を吊って、足でペタペタと移動すると言う、非常に斬新な移動方法を採用した自転車「FLIZ」です。高速移動するというよりは膝の負担を和らげ、さらには走りながら休憩も出来るランニングとサイクリングの中間を狙ったものだそうです。

名称の「FLIZ」は、速さを意味するドイツ語の「flitzen」から名付けられています。

1. こんな感じで乗車します。

2. かっこ良くターン

3. 一応自分で車体を動かすので「自転車」

4. ペダルとサドル以外は自転車と同じ仕組み。ただし、体を固定するハーネスはありますが。

5. サイズはこんな感じになっています。

6. 1817年にドイツの発明家カール・フォン・ドライスが発明したランニングマシン「ドライジーネ(Draisine)」と非常に似た作りになっています。

7. 制作風景

8. デザインのドラフト

9. 体を固定するベルトのシステム

10. おまけ。試作時はこんなかんじでした。

実際に走行している「FLIZ」の動画はこちらから。
Laufradeln – YouTube

ソース:FLIZ

関連記事

ニューヨークの街に鍵をしっかりとかけた自転車を放置して1年間観察した動画 - DNA

モペッド復活の日は近い、エコ時代のエンジン付き自転車「Derringer Cycle」 - DNA

自転車ではとっても走りにくいブルガリアの自転車専用レーンの写真12枚 - DNA

数々の特殊装備で路上をサバイブする究極の自転車「B.O.N.D.バイク」 - DNA

ポーランド美女と自転車をモチーフにしたハイクオリティー写真サイト「bicyclegirls.pl」 - DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック - DNA

自転車乗りが仕掛ける、男性ドライバーにとってとても危険なトラップ - DNA

100年以上の歴史を誇る「ツール・ド・フランス」の1930年代前半の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧