世界のびっくりニュース

南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが所有していた廃墟と化している別荘島「Drugs islands」


かつて世界の80%のコカインを支配していた南米コロンビアの麻薬マフィアで麻薬王と呼ばれた「パブロ・エスコバル」が所有していたカリブ海に浮かぶ完全なプライベートな別荘のある島々の紹介です。

現在国の管理下に置かれているため、誰も利用できない廃墟となっている別荘島ですが、意外な生物が生息していることもあるようです。

1. 建設中に工事が中断した麻薬王パブロ・エスコバルの別荘

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9. かつて麻薬王パブロ・エスコバルが所有していた巨大な別荘。

10. そして、庭にあったプール。

11.

12.

13.

14.

15. サンゴで作られた別荘。保護されているサンゴ礁のサンゴから作られているため、非常に非難されている物件です。

16. こちらの島も麻薬王が所有していたもの。何者かにより現在でも監視されています。

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25. 麻薬王の島にいた豚。

26.

27.

28.

29.

30.

31.

32.

33.

34. 麻薬王パブロ・エスコバルの顔写真。

世界のコカイン市場の約8割を支配し年間最大250億ドルを稼ぎだすメデジン・カルテルを一代で築き上げ、フォーブス誌に世界で7番目の大富豪と取り上げれた麻薬王パブロ・エスコバル。刑務所に収監された時も、自分で寄付した贅沢な刑務所暮らしで、出入りも自由な生活を送っていました。

しかし、最後には、コロンビア政府、アメリカの特殊部隊デルタ・フォース、敵対する麻薬マフィアに追われ1993年12月に銃殺されました。

また、パブロ・エスコバルは、コロンビアの国会議員、プロサッカークラブのオーナーなどの顔も持っていました。

これらの写真は、写真家Foantje氏の作品です。

ソース:FOANTJE ~ Photography (Urbex/Models)

関連記事

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている - DNA

麻薬組織の密輸用潜水艦の中はこんな風になっている - DNA

廃墟となり不法占拠されているアフリカで最も豪華だったモザンビークのホテル「The Grande Hotel」 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

廃墟となった精神病院で撮影されたファンタジックなHDR動画「Asylum」 - DNA

廃墟となって静かに時を刻むニューヨークの古い劇場「キングス・シアター」 - DNA

謎の古代文明を彷彿とさせる第二次世界大戦のトーチカいろいろ - DNA

サンフランシスコ沖に浮かぶ「幽霊艦隊」の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧