アートとデザイン

そこは透き通った青の世界、モロッコの山に囲まれたブルーシティ「シャウエン(Chefchaouen)」


地中海に面した北アフリカ・モロッコの観光都市といえば、フェズ、カサブランカ、マラケシュなどが日本でも有名ですが、ヨーロッパ人やバックパッカーにはとても人気のある小さな都市「シャウエン(Chefchaouen 、Chaouen)」があります。

人気の秘密はシャウエンのリーフ山の斜面にある旧市街地「メディナ」の濃紺様々な青色に塗られた街並みが素晴らしく美しいこと。そんな地中海の島を思わせるモロッコの山に囲まれたブルーシティー「シャウエン」の紹介です。

シャウエン(シャフシャウエン)は、モロッコ北部の地中海近くの約4万人の小さく魅力的な都市。リーフ山地の中心部にあるため、山々を背景に白を基調とした家に鮮やかな青色のペイントが施された街並みがあります。

元々はベルベル人等が暮らしていた土地。そこにイベリア半島(スペイン、ポルトガル)で起こったレコンキスタから避難してきたユダヤ難民たちが、1930年代に小さな要塞だった旧市街地「メディナ」の壁を青色に塗り始め、現在も鮮やかな青色の街並みは続いています。

メディナの中央広場にはカフェが並び旅行者や地元の人が集まり、夏にはヨーロッパからの大量の旅行客を約200軒のホテルで対応します。また、シャウエンは、人気の買物スポットとしてもよく知られており、地元の職人たちが作るウール製の服や織物、ヤギのチーズなどが非常に人気です。

もう一つ影の人気の理由として、(シャウエン地方はモロッコの大麻の一大生産地のため)、大麻が簡単に手に入ることもあげられるようです。そのため、現地に行く場合には気をつけてください。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8. メディナの市場入り口

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

27.

28.

29.

30.

31.

32.

33.

34.

こちらは街の様子がよくわかる動画です。
CHEFCHAOUEN / MOROCCO : Blu-ray "WORLD – CRUISE" #04 – YouTube

山に囲まれた立地のシャウエンがよく変わります。

大きな地図で見る

ソース:блог длиною в жизнь – Пойдем-ка, покурим-ка!

関連記事

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ - DNA

100年以上前の北アフリカや中東のかなり貴重な女性写真 - DNA

北アフリカ・モロッコの風物詩、旧市街と衛星アンテナの組み合わせがすごい - DNA

日の沈む大地、マグリブに住んでいたユダヤ人女性たちの民族衣装 - DNA

世界中の海に存在する濃い青色の巨大な穴「ブルーホール」5選 - DNA

空が濃い青色に染まる時間帯「ブルーアワー(blue hour)」に撮影された世界中の美麗な風景写真20枚 - DNA

乾燥した荒野の中に際立つ青、アフガニスタン・マザーリシャリーフに建つ「ブルーモスク」の画像 - DNA

インドやパキスタンの女性たちの手や足に施された非常に美しいボディー・ペインティング「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」写真21枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧