世界のびっくりニュース

得点力がダメダメなチームに「ゴールはこっちだぞ!」と教えてあげているサポーター達の動画


とある連敗中のサッカーチームの「12番目の選手」、熱烈なサポーター達の中には天才がいました。「点が入れられないのはゴールがどこかわかってないからじゃないか?」というわけで、プレイヤーに大きな矢印でゴールがどこかを教えてあげている動画です。


こちらは3月25日、FCマグデブルグが5試合連続でゴ-ルできず、リーグ最下位となった中でのゲームの動画。サポーター達が矢印を手に、観客席を右に左に動き回ってゴールがどこか教えてあげています。
1.FC Magdeburg – Berliner AK 1-2 Coole Pfeil Choreo 20120325.m2ts – YouTube

この甲斐あってか、1.FCマグデブルグはこの試合でとうとう1点を奪取。試合自体には1vs2で負けてしまいましたが次の試合ではとうとう勝利を獲得、最下位を脱しました。応援は確かに選手たちに力を与えたようです。

関連記事

少年サッカーの試合をあの手この手でヨーロッパ選手権決勝に変身させるイタズラ - DNA

サッカーの試合中、地元チームのファンが死んだ仲間を棺桶ごと運んできて大騒動に発展 - DNA

質問:もし審判がイエローカードを持ってくるのを忘れたらどうなりますか? - DNA

アルゼンチンのサッカーの試合で選手全員に計36枚のレッドカード - DNA

その速さ、世界最速級……サッカーのゴールキーパーがフィールドの反対側から自分のゴールを救う動画 - DNA

ブラジルサッカーの原点、いびつな形をしたサッカー場の写真10枚 - DNA

ヨーロッパで活躍する一流サッカー選手たちの華麗なる愛車23台 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧