科学と技術

風景に溶け込みすぎている携帯電話の中継局のアンテナの画像いろいろ


電柱、電線、アンテナというものはそもそも自然の中にはないものなので、美観を損ねないようにさまざまな工夫が必要となります。いろんなところに建っている携帯電話の中継局のアンテナもその一つ。実際の所あんまり気にせずばんばんアンテナを建てちゃっているところも地球上にはあるのですが、森や山ではこんな風にして隠しているのです。


1. 遠めには木に見えますが、アンテナ。

2. まさかの分割サボテン。

3. 枝がリアルなアンテナ。

4. 「サンダーバード」を連想するやしの木型アンテナ。

5. 微妙にセクシーな枯れ木状態アンテナ。

6. 基本的には紅葉を気にしなくて良い常緑樹っぽいデザインが使われているようです。

7. 周りの本物と比べても遜色ないですね。

8. 溶け込んでます。

9. 中継設備もしっかりカモフラージュするとこうなる。

もっとも山の中に立てるのは非常に危険な面もあって、以前DNAではカリフォルニアの山中でとんでもない故障のしかたをしたアンテナについて紹介したことがあります。いろいろな条件を考慮しつつこういう方法でインパクトを下げているというのはなかなか面白いですね。

ソース:That’s How Cell Phone Towers Are Disguised (22 pics) – Izismile.com

関連記事

北アフリカ・モロッコの風物詩、旧市街と衛星アンテナの組み合わせがすごい - DNA

ものすごい数の人間がこの動画の中に隠れ潜んでいます - DNA

普通の家を秘密基地に変身させてしまう隠し扉35選 - DNA

環境と同化するために長い年月をかけて進化した動物たちの擬態写真15枚 - DNA

アメリカ海軍特殊部隊シールズのプロトタイプ迷彩服の画像が流出か - DNA

「光学迷彩」を限りなく実現した、メルセデス・ベンツの公式プロモーション動画「Invisible Mercedes」 - DNA

赤外線カメラからほぼ完全に隠れることができる熱光学迷彩装置「ADAPTIV」 - DNA

山中の電波中継局のアンテナを不調にさせたある「大自然の驚異」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧