アートとデザイン

これは別物「2001年宇宙の旅」の予告編を今風にリメイクするとこうなるという動画


セリフによる説明をギリギリまで減らしたキレッキレの演出と、歴史上類を見ないまでの科学的考証で知られる前代未聞・空前絶後のSF映画「2001年宇宙の旅」の予告編が、もし21世紀の今作られたら……という動画がこちら。ほぼ別物ですがやっぱりコンピューターは狂いそうに思えます。


なんだか違う惑星に着陸して冒険しちゃったりするっぽく見えますね……演出でここまで違うと驚きです。
2001: A Space Odyssey (2012 Trailer Recut) – YouTube

ちなみに実際の予告編はこちら。例のあの存在については巧妙に隠されていますが、説明がついている分本編よりも展開が分かりやすくなっているような気もします。そしてやっぱり狂うHAL。ある意味ハリウッド業界で最も愛されているキャラクターかもしれません。
Official 2001: A Space Odyssey Trailer – YouTube

関連記事

鬼才映画監督・スタンリー・キューブリックが撮影したシカゴの街並みの画像32枚 - DNA

iPhone4Sの「Siri」をパワーアップする「HAL9000」型マイク/スピーカー「IRIS 9000」 - DNA

思わず高次元の存在に進歩しそうになるiPhoneのレゴ製充電ドック - DNA

「ツァラトゥストラはかく語りき」を使った映画を色々混ぜただけで面白くなってしまった動画 - DNA

猫を無重力に浮かべて動画にすると「2001年宇宙の旅」みたいになる - DNA

サムスン「iPadの元ネタは『2001年宇宙の旅』に出ていた。よってGalaxyタブレットはパクりではない」と主張 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧